生姜 賞味期限

生姜の賞味期限はどれくらいなの?

生姜

 

生姜はいろいろなメニューに使える便利な食材なので使っている人もたくさんいると思います。
ただ、生の生姜になってしまうと一度の食事で全部使いきることは出来ないと思います。大抵の人は何回かに分けてひとつの生姜を使いきると思いますが、生姜には賞味期限(消費期限)があるのでしょうか。

 

私も生姜の賞味期限について気になってしまったので、調べてみることにしました。

 

まず、生姜の賞味期限は、その保存方法によって大きく変わります。

 

今回は、常温・冷蔵(水漬け)・冷蔵(焼酎漬け)・冷凍の4つの保存方法と、それぞれの保存方法での賞味期限をご紹介します。

 

  1. 常温保存
  2. 冷蔵保存(水漬け)
  3. 冷蔵保存(焼酎付け)
  4. 冷凍保存

 

常温保存の場合

 

常温保存の場合、一般に賞味期限は10日〜14日間といわれています。季節によって多少違いはありますが、長くても2週間以内に使ったほうがよいでしょう。

 

冷蔵保存(水漬け)の場合

 

冷蔵庫で保存する場合は、常温保存より長く保存できます。

 

冷蔵保存(水漬け)の場合、一般に3〜4週間程度。冷蔵庫で水漬け保存する場合、意外と長く持ちますね。私は今まで冷蔵保存していましたが、サランラップにくるむだけだったのですぐにカピカピになっていました(笑)

 

冷蔵保存(焼酎付け)の場合

 

冷蔵保存(焼酎漬け)の場合は、半年近く持つとされています。

 

水漬けと焼酎漬けの方法は、のちほどくわしくご紹介します。

 

冷凍保存の場合

 

冷凍庫で保存する場合は、冷蔵保存(水漬け)よりやや長い1〜2ヵ月が賞味期限の目安です。

 

あくまでも目安なので、傷み具合をひとつひとつ確認して、ぬめりなどが出る前に使うことをおすすめします。

 

また生の生姜を賞味期限内に使いきれるか不安な方は、すりおろし生姜をチューブに詰めた商品もあります。

生姜を冷蔵庫で保管する方法は?

生姜を冷蔵庫で保管する場合、どのような方法があるのでしょうか?

 

賞味期限のお話の中に出てきたように、水漬けと焼酎漬けという2種類の方法があります。

 

水漬けをしたい場合、まずタッパーなどの容器を用意します。
なんでもかまいませんが、フタのあるものにしましょう。容器に生姜を入れたら、生姜がしっかりと浸る量の水を注げば、水漬けの完成です。とても簡単ですよね。

 

そのまま冷蔵庫に入れるのではなく、この水漬けという処理をするだけで、持ちが格段によくなります。

 

ただ水漬けの場合、3日に1回くらいの周期で水を入れ替える必要があります。
それくらい苦にならないという人は水漬けでよいのですが、めんどくさいな〜、一度漬けたらそのままにできないの?と感じる方には次の焼酎漬けをおすすめします。

 

焼酎漬けの方法もとても簡単で、先ほどの水漬けの水のかわりに、焼酎を使うだけです。

 

生姜が浸る量の焼酎を入れ、タッパーで保存するだけで半年近くも持つので、ぜひやってみたいですね。

生姜にカビが生えても食べれるの?

生姜

 

生姜を保存していると、あれ?少しカビ臭いかな?と感じることがあります。

 

生姜にカビが生えることはあるのでしょうか?

 

また、生えてしまっても食べることはできるのでしょうか?
結論から言うと、生姜にカビは生えます。冷凍庫に入れている場合はほとんどありませんが、常温やそのまま冷蔵庫内で保存した場合、ほかの野菜同様カビが生えます。

 

カビが生えないようにするためには、常温保存の場合は新聞紙などでくるみ、湿気を紙に吸収させる方法があります。

 

では、カビの匂いがする生姜は、捨てるしかないのでしょうか?
実は少しカビの匂いがするかな…程度であれば、捨てる必要はありません。カビは基本的に熱に弱いため、生姜を炒め物などの加熱する料理に使う場合、そこまで神経質にならなくてもよいのです。

 

炒め物のはじめに、熱した油の中に生姜を入れて香りを出す方も多いですよね。

 

油はさらに高温になるので、カビは死滅します。
それでも、カビはなるべく生やしたくないもの。冬などに常温保存するなら、新聞紙などでくるんで湿気をとって保存しましょう。

まとめ

生姜の賞味期限(消費期限)、そして冷蔵庫で保存する方法について詳しく解説しました。
私は今まで冷蔵庫で生姜を保管していましたが、もちろん水や焼酎漬けにして保存していませんでした。ですので、2〜3日もすれば生姜がカピカピになって味の質が下がっていました。

 

でも関係なくそのまま薬味として使ったり、調味料として使っていました。
今回、一番簡単な保存方法は冷蔵庫で水漬けかなと思いますね。ひとつの生姜を何ヶ月も保存する必要はないし、大体1週間ほどで使いきってしまうので、一番理に適っているのかなと思いました。

 

今まで生姜を冷蔵庫にそのまま保存していた方は今回の記事を是非、参考にしてください。私もさっそく試してみましたが、生姜の味を落とさず新鮮の状態で保存することができますよ。

page top